「サブリース問題の考察」の記事一覧

不動産の価値を高めるプロパティマネジメント <リフォームは再投資=資本改善>

サブリース問題の考察

賃貸経営オーナーの目標は資産を増やすことですから、家賃を維持しながら空室を埋めて収益をあげたいと考えています。それに対して、管理会社は入居率をあげることを目標にしています。 サブリーストラブル相談センターの相談で良くある […]

<シェアハウス事案参考判例>判例から ⑴−消費者契約法による取消し− 買主は、売主業者の不利益事実の故意の不告知により、「誤認」 して契約したものであるとして契約の取消しを認めた事例

サブリース問題の考察

本事例は、不動産投資を勧められてマンション2室を購入した原告が、消費者契約法4条による取消しなどを求めた事案において、売主である宅建業者が、客観的な市場価格を提示していないことや非現実的なシミュレーションを提示したことな […]

【賃貸借契約編】 「民法の一部を改正する法律」 賃貸借に関係する条文解説、施行は2020年4月1日

サブリース問題の考察

1)民法改正と原状回復 平成29年6月2日「民法の一部を改正する法律」が公布されました。 今回の改正は家族法及び債権法に関する法令が対象となっています。 家族法では一部本年1月から施行されている部分もありますが、債権法の […]

ページの先頭へ