「サブリース問題の考察」の記事一覧

改定サブリース住宅原賃貸借標準契約書 ~サブリース契約書のチェックポイント~

サブリース問題の考察

サブリース契約は、転貸借を目的とし契約ですから、その旨を明記しているかどうか、転貸の条件、維持管理の内容、サブリース期間中における貸主への報告などを明確にした上で契約を結ぶ必要があります。契約内容の確認に当たっては、国土 […]

地方銀行とCSR(企業の社会的責任) ―不動産融資(サブリース絡み)について地方銀行は徹底した 利用者保護を図る義務がある―

サブリース問題の考察

金融庁のアンケート調査(平成30年10月22日)に金融機関が困惑しているようです。 「投資用不動産向け融資に関するアンケート調査」これは問答無用の強制捜査(報告命令)に他なりません。金融庁は「不作為の汚名」を雪ぐ決意、今 […]

総括(前半) 地方銀行とCSR(企業の社会的責任)<H.29年12月15日開催の「かぼちゃの馬車」オーナー会から見えてきたもの>

サブリース問題の考察

銀行(物件販売時の融資実行銀行)に対する責任が問われようとしている 一地方銀行の一支店が、この数年で約1千数百億円を800人と言われているサラリーマン投資家に融資しましたが、サブリース管理会社S・D社が正常なサブリース業 […]

―新たな挑戦!豊島区条例―空き家をシェアハウスに<建築基準法の用途変更は必要ない>

サブリース問題の考察

昨年度、深刻化する空き家問題の対策として、東京都豊島区が若者のシェアハウスや高齢者のグループホームに活用する条例案を策定しましたが、建築基準法にない新しい運用に国土交通省が難色を示していました。しかしその後、調整の結果、 […]

トイレ・エアコン等の設備故障で家賃減額の義務化 ー改正民法は2020年をめどに施行される予定―

サブリース問題の考察

改正民法では、賃貸住宅ビジネスに関わる改正点が多くあります。 設備の故障による家賃の減額や、借主による修繕が行なわれた際に貸主が費用負担することになるなど、家主と管理会社が知っておくべき内容をまとめました。 約120年ぶ […]

過剰融資やバブル化懸念 ーカード・アパートローン、各行で自粛の動き広がる―

サブリース問題の考察

低金利下での成長分野として、各行が事業を強化してきたが、カードローンは過剰融資、アパートローンは地方でのバブル化が指摘され、自粛の動きが広がっています 一方、アパートローンに関しては、土地を資産に持つ個人の相続税対策とし […]

<投資マンション購入>市況では、「破綻リスクが高まっている」 ー節税は「現金での物件購入が条件」―

サブリース問題の考察

「不動産投資は節税になる」とよく宣伝されています。投資用不動産を購入すれば、簡単に利益を確保した上で、損益通算により本業も含めた税金の圧縮ができると言うのです。 相続税対策として、サラリーマンに新築区分マンションを販売す […]

不動産融資は莫大な資金利益を生む ー1億円の不動産融資で、大よそ9千万円の資金利益(儲け)を生む構造―

サブリース問題の考察

銀行の利益構造 平均預金残高と平均融資残高を算出し、行員はそれをチェックしています。銀行は、平均融資残高とともに平均預金残高を重視します。それは平均預金残高が大きい程、実質金利が高くなり、それだけ銀行は利益〔儲け〕が上る […]

ページの先頭へ