「サブリース問題の考察」の記事一覧

不動産融資は莫大な資金利益を生む ー1億円の不動産融資で、大よそ9千万円の資金利益(儲け)を生む構造―

サブリース問題の考察

銀行の利益構造 平均預金残高と平均融資残高を算出し、行員はそれをチェックしています。銀行は、平均融資残高とともに平均預金残高を重視します。それは平均預金残高が大きい程、実質金利が高くなり、それだけ銀行は利益〔儲け〕が上る […]

サブリース問題の発端とリスク

サブリース問題の考察

「レオパレス21問題」で浮き彫りに!―日本住宅性能検査協会が「サブリース問題」で、果たした役割― 界壁問題等で揺れているレオパレス21、まさに企業のCSR(企業の社会的責任)が問われています。 過去7年間で相談センター( […]

サブリース問題の背景

サブリース問題の考察

「長期一括借上げ方式」のアパート専業会社が大きい利益を上げたため、他のハウスメーカーや建設会社などが一斉にこれに参入し、相続対策も相まって、人口減少の中でアパートの乱立し既存のアパートの空室率は年々高くなり地方の物件は空 […]

サブリース制度 とは

サブリース問題の考察

一括借り上げ保証や単に借上げ保証などと呼ぶ場合もありますが、入居者に転貸することを目的に管理会社が一括で借り上げる仕組みです。 貸主はオーナーではなく管理会社となります。 ほとんどは新築時から10年~30年の期間借上げ保 […]

ページの先頭へ